Bleeding Edge Pressの技術書の執筆プロセス「booksprint」

Bleeding Edge Pressは最近いろんな技術書を早いペースで出してて、 Learning Swift とかもここの出版社。

後、共著で出してるケースが多い。

サイトの方を見たらどういうプロセスで書籍書いてるかの紹介があった。

Our Unique Process

引用元: About Us » Bleeding Edge Press.

に簡単に書かれてる。

明確にコラボレーションによって執筆が加速することに書かれてて、コラボレーションを上手くやるためにbooksprintを使うと書かれてる。
booksprintは週末とかにGoogle Hangout で書いてる人が集まって意見交換とかをやったりすることで、公開がスムーズに進むと書かれてる。

Videos » Bleeding Edge PressのページにDeveloping a Backbone.js Edgeでのディスカッション内容が公開されてる。

広告

メモ @ scale

雑なメモなので参考にしてはいけない。

動画があるのでそちらを見よう。

Facebookのブログ: @Scale 2014: Recap of Web Track | Engineering Blog | Facebook Code

Jeff

Modules

ES6, AMD, CommonJS

Jest

Jest | Painless JavaScript Unit Testing

  • JavaScriptテストフレームワーク
  • high-isolation
  • モジュールをテストする仕組みをデフォルトで持ってる
  • モジュールをモックする仕組み

FB Type Annotations

Type Annotation

  • モジュール間でTypeはちゃんと引き継ぐ
  • Union Typeを持つ

Code Intelligence > Type Errors

  • Code Intelligence Server
  • Server keeps itself up to date
    • バックグラウンドでチェックしていく
  • Modular, incremental type analysis
  • Highly parallelized implmentation

ES6 Support

  • Class
  • Arraow Function
  • Destructring
  • Optional parameters
  • Promises

Committed to evolve with JS standards.

Syntax

  • Syntax-compatible with TypeScript

type

Integrated with React + JSX

FAQ なぜTypeScriptを使わないの?

WebStorm サポート?

  • Type Checking

r21834 – v8 – V8 JavaScript Engine のfast property名の制限

Allow all Names to be fast property names

引用元: r21834 – v8 – V8 JavaScript Engine – Google Project Hosting.

via Community Round-up #22 | React

このReactの人出したIssueによって、V8でfast propertyとなるプロパティ名の制限がなくなった。

以前、lodashで以下みたいな回避するコミットとかもあった。

[GitHub英語] 別のIssueにした方がいい? – 分けた方がいいですね。

Maybe worth queuing this as another issue / pull request?

引用元: Add minimal support for lazy evaluation to chaining syntax #274 by FilipZawada · Pull Request #678 · lodash/lodash

Yes, fitting for a separate issue / pull request.

引用元: Add minimal support for lazy evaluation to chaining syntax #274 by FilipZawada · Pull Request #678 · lodash/lodash

一つのpull requestに複数の変更を混ぜるのは微妙なので、別のpull requestで追加した方がいいかを聞くケース。